HOME
法人概要
施設だより
居宅介護支援事業所
お問合わせ
リンク

施設だより

▼4月号 10月号 8月号 4月号 2月号 1月号

4月号 2017/5/1作成

施設長就任にあたって

施設長 小山 光雄

 介護保険を振り返ってみると、高齢化社会では、高齢者を家族だけでなく社会全体で支えていく理念のもとに、2000年4月に誕生した制度が介護保険制度です。

 介護保険制度に合わせ、特別養護老人ホーム豊かな里は、同じ年の3月に誕生しました。当初から多くの皆様にご理解とご協力を頂き、今日まで順調に施設運営が図られて参りましたこと、感謝申し上げます。

 ところで、2017年は、社会福祉法の改正によって、社会福祉法人制度改革が行われます。主な内容としては、

@経営組織の在り方の見直し(ガバナンスの強化)
A事業運営の透明性の向上
B適正かつ公正な支出管理(財務規律の強化)
C地域における公益的な取組を実施する責務
D内部留保の明確化と福祉サービスへの再投下(社会  福祉充実計画の作成の責務が規定)
E行政の関与の在り方
などです。

 制度改革の方向性は、経営組織の見直しや内部管理体制の強化するために、評議員、理事、監事の役割、権限・責任の範囲を明確に定め、事業運営の透明性を確保することにあります。
また、2018年に介護報酬の改定では、@処遇改善加算(キャリアパス要件)A地域支援事業の対象者が要支援から要介護2の方たちに拡大等を含め、介護予防事業施策に重きを置いた医療と介護の報酬同時改定や成果報酬を含む介護の「質」の評価を介護保険事業に取り入れる方針などです。

 これらの改正、改定については、コスト意識を持って、効率化に努めると共に加算等に適切に対応した財源確保が重要になります。介護保険料も現役世代並みの所得がある高齢者が介護保険サービスを利用した場合は、自己負担の割合を現行の2割から3割に引き上げる時期についても検討されています。
益々、利用する方もサービスを提供する側も大変な時代になりますし、介護職場の人手不足にも拍車がかかる時代ですが、適切な施設運営に邁進する所存です。
ご利用者さま並びにご家族のみなさまのご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

お正月行事

お正月の行事として、毎年恒例としている初詣を施設内の各フロアで行いました。
小さな神社にお賽銭箱、そしておみくじを引いて頂きました。

 また、職員が手作りの獅子を持ち、利用者の皆様の頭をお一人ずつ『パクッ』と噛み、皆様のたくさんの笑顔を見る事が出来きました。今年一年、無病息災でありますようお祈り申し上げます。

雛祭り行事

 3月3日(金)日野市高齢福祉課委託事業「ひな祭りコンサート(ライブ生け花&歌)」が、各フロアで華やかに行われました。
ハーモニー」が奏でる春の音楽を聴きながら、草月流の前嶋先生が色とりどりの花々を生けていきます。
利用者の方々も「良い香りね」とお花を手にして、一緒に花を挿して楽しまれました。
特別養護老人ホーム
ショートステイ
デイサービス
グループホーム
高齢者食事宅配サービス
高齢者専用賃貸住宅
居宅介護支援事業所
スタッフ募集
ボランティア募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

> サイトマップ  > プライバシーポリシー